Oakley × TALEX 偏光式サングラスの性能と効果

お気に入りのサングラスを紹介します。

フレームはOakley FLAK2.0を使用し、レンズをTALEX TRUEVIEWに換装しています。
実は、視力が良いとはいえず、裸眼で0.3程度のため度入りでないと見えない。
購入時から付いているのは度入りではないため、結局度入りレンズを頼まなければならないのです。

それであれば、折角なので偏光式で良質なレンズを造っているTALEXを選択しました。
主な用途は日中のドライブ、ランニング、散歩や買い物になります。

フレームはリピーターの多いFLAK2.0だけあって、着け心地は良好です。
フレームそのものは硬いわけではなく、しなりもあるので簡単に折れることはないと思います。

レンズに厚みがあるので、重くなってしまっています。
長時間着けていると、肌に貼り付く感じになってしまうのが残念なところ・・・。
しかし、疲れを感じることはありません。

デザインはカーボン調のものを選んでみました。
少しシャレた感じが良いですね。

付属していたOakleyのレンズです。
TALEXのレンズは若干イエローっぽいが、Oakleyはグレーっぽい色になります。

レンズを片側ずつ付けてみると色の違いが分かります。

左がOakley純正、右がTALEXのTRUEVIEWだ。
左がTALEXのTRUEVIEW、右がOakley純正だ。

Oakley純正は度が入っていないため、完全な比較はできません。
しかし、比べてみると、Oakley純正はやはりただ暗いだけに感じます。
一方、TALEXのTRUEVIEWは暗いとは感じず、めっちゃ見やすい!

TALEXの公式サイトに掲載されているが、TRUEVIEWは雑光カット率:99% 可視光線透過率:30%と表記されています。

TRUEVIEW® – トゥルービュー® | 偏光レンズ・偏光サングラスのTALEX(タレックス)
偏光レンズ・偏光サングラスのカラーラインナップは多数!TRUEVIEW®(トゥルービュー®)は余分な眩しさだけを取り除き、最適なバランスを追求。さらに、目にする景色をありのままに再現します。

実際にどくらい光が変化するのかLEDライトを直射してみました。

Oakley純正
TALEXのTRUEVIEW

比べてみると違いが分かるでしょうか?

Oakley純正はモロに光が入り込み、眩しく感じます。
TALEXのTRUEVIEWは、ギラギラとした感じがなく、光が和らいでるように感じます。
実際に着けて外出しても眩しさを感じづらく、太陽を直視することもできます。
それでいて暗いとは感じないので、かなりバランスが取れているといえます。

雑光をカットするだけで、目の疲れはかなり軽減します。
半日以上付けてドライブしていると、太陽の直射・反射でかなり目が疲弊しますが、これを付けているとそこまでの疲労が感じられな気がします。

Oakley FLAK2.0の場合、レンズがかなりカーブしています。
そのため、TALEXに注文する際は最もカーブがきつい8curveになります。
若干お値段が上がってしまいますが・・・仕方ありません。

レンズについて | 偏光レンズ・偏光サングラスのTALEX(タレックス)
偏光レンズ・偏光サングラスのカラーバリエーションには、すべて意味があります。あなたの目的やライフスタイルに適したレンズカラー18色をご用意しております。カラーの比較はお近くのTALEX PROSHOPにて、ぜひ体感ください。

Oakley純正の付属ケースがかなり良い!
ソフト系だがハードっぽく型崩れしにくい。

フレームの形状に合わせたケースになっています。

すっぽりと納まる。

そして、付属のソフトケースがこれまた優れもの!
ケースというだけでなく、なんとメガネ拭きにもなります。
洗って繰り返し使えるので、ハードケースの中にいれて持ち歩くと良いですね。

結構なお値段のサングラスだが、性能はかなりのもの。
視力に変化がない限り、一生モノになるだろうと思って使っています。

タイトルとURLをコピーしました