ハイレゾ音源のためのオススメプレイヤー

前回はハイレゾ音源のサブスクリプションをご紹介しました。

今回はそんなハイレゾ音源をより一層楽しめるプレイヤーをご紹介します。
ちなみに、ハイレゾ音源を再生するプレイヤーを最近ではDAP(デジタルオーディオプレーヤー)と呼びます。

ハイレゾ音源を再生できるプレイヤーなんて、高額なんじゃないの?

・・・なんて、思いますよね。

最近では、スマホでもプレイヤーさえ対応していれば普通に再生できますよ。
最もお手軽に楽しむならスマホですね。

では、なぜスマホではなく専用のプレイヤーがオススメなのかを簡単にご紹介します。

最大の違いは、DACチップの違いにある!?

スマホは電話が主体で、そこにカメラ、ネットワーク通信、ゲーム等の高負荷処理等が付加された高付加価値の製品になります。
ひとつで何でもできてしまう文武両道な優等生ですね。

変わってDAPは、ハイレゾ音源を再生することだけに特化した製品です。
そのため、音源を高音質・高品質で再生するためのDAC(デジタルアナログコンバーター)が搭載されています。
ひとつのことを突き詰める研究者みたいなものでしょうか?

もちろんスマホにもDACは搭載されていますが、こちらは汎用品です。
どんなDACが搭載されているのか調べましたが、どうやらスマホのDAC機能はSoCに統合されているようです。
一部のスマホでは、音質の良さを売りにするため、DACを搭載したモデルもあるようです。

音が良いからと、DAPに拘る必要はありません。
私は使い分けをしていますので、自分にあった使い方を考えることも重要です。
ランニング時はスマホ+ワイヤレスイヤホン、ドライブ時はスマホ+ナビへのBluetooth接続、通勤や電車移動時はDAP+イヤホンという感じです。

私も過去に何台かDAPを購入してきた経験がありますので、そこを踏まえて入門用オススメDAPをご紹介していきます。

先ずは有名どころのSONYのウォークマンNW-A105です。

国内メーカーでAV機器では有名なSONYです。
安価な中国メーカーとは異なり、サポートも万全なので、安心して購入できますね。
私も最初はウォークマンから始めましたよ。

DACはソニー独自のS-Master HXになります。
FLAC形式 : 16, 24bit / 8-384kHz
DSD形式 : 1bit / 2.8224, 5.6448, 11.2896MHz
Apple Lossless形式 : 16, 24bit / 8-384kHz
その他、圧縮音源にも対応しているので、ほとんどの音源は再生できそうですね。

OSがAndroid 9.0なので、Amazon MusicHD、mora qualitasも使用できます。

続いて、iBasso Audioのdx160 ver.2020です。

こちらは中国の音響機器メーカーです。
中国製と聞くとイメージを悪く感じてしまう方も多いと思います。
しかし、音響機器に関しては、日本の販売代理店等が直接脚を運び、製品の品質向上等に努めていることもあり、かなり高品質になっています。

DACはCirrus LogicのCS43198QFNをデュアル構成にしています。
こちらは384kHz/32bitまでのPCMや11.2MHzまでのDSDネイティブ再生に対応しているようです。
SONYのNW-A105よりスペック的には上位になります。
まぁ、ここまでいくと違いはわかりませんけどね(笑)

私はウォークマン3台、OnkyoのDP-X1を過去に使用してきました。
ずっと国産ですね。

しかし、私が現在使用しているDAP、イヤホンは中国製です。
安さは一切感じられず、機能・性能も高く、かなり良い製品であると思います。

現在使用しているDAPはFiiOのM9です。

一時期、新型のM11やM11Proの販売で型落ちとなり、かなりの値下がりもあってか、ほとんど在庫切れのようですね。

DACは国産の旭化成AK4490ENをデュアル構成にしています。
最大192kHz / 24bitのPCMをサポート、5.8MHzまでの DSDもサポートしています。

この機種にした理由は、軽さと小型であることです。
従前のOnkyo DP-X1はとにかくデカくて、重いんですよ。
上着やコートを着ている時は良いのですが、夏場はYシャツ1枚なので、胸ポケットに入らず困ります。
ベルトに装着できる専用ケースも購入したのですが、イヤホンケーブルの取り回しが気に入らず、こちらの機種を購入しました。

もちろんAmazon MusicHDも使用できますよ。
ただし、Androidのバージョンが古いので、自己責任での使用になります。
CPUもかなり型落ち状態なので、ダウンロード中はかなり動作が重たいです。
ダウンロード中に再生すると音飛びも酷いので、終わるまで大人しく待ってます(笑)

サブスクリプション市場が活性化されていますので、安くて使い勝手の良い機種はまだまだ出てくると思います。
じっくりと好みの機種を探しながら待つのも良いですね。

イヤホンについては、また別に記事を書きますね。

タイトルとURLをコピーしました